スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁更新と逃げ方のお話 ※中~上級者向け

今回は強ボスやコインボスの壁の考え方というかやり方の提案?的なやつです。私的意見多め
一応壁とかタゲについて考える記事なので中~上級者向けとしました

続きますー




ドラゴンクエストX ブログランキングへ

みなさん壁する時と壁してもらって逃げる時どうしてますか?そんなのタゲだったら下がってタゲじゃなかったら壁するだけでしょ?と思うかもしれませんが、壁のパターンとメリットデメリットを下手な図を交えつつまず2パターンだけ書いてみます(一部キャラ絵はフレンドさんからお借りしました)

パターンA
図説2
まずよくあるのがこの形だと思いますここから壁際に行ったら

図説3
端の壁の人とタゲの人が回りこむ。これの繰り返しこの動きが一般的というかアトラス本などでも書かれてるメジャー?な動き

メリット:直線が長いマップだと壁更新無しでターンエンドまで行ける場合がある。この形に慣れてる人が多い
デメリット:壁の更新が急で角度がキツめなので更新が遅れたり逃げる人の移動が早いと抜ける場合がある。2枚壁だとミスが出やすい

パターンB
図説4
次がこの形で壁ぞいをなぞる感じ。これだと

図説5
こう動きます。これの繰り返し

メリット:壁更新の角度が緩やかなので更新がミスしにくく2枚壁でもやりやすい。タゲの人もひたすら斜め後ろに逃げるだけなのでミスが出にくく楽
デメリット:横にマップ壁がある場合が多く範囲技等から逃げる時に邪魔になることがある。壁の更新頻度が少し多く手数が減ってしまう場合がある。四角いマップだと壁の人が円意識しない場合沿った端で角度が付くことになる

この壁のパターンのどっちになるかは逃げる人次第ですタゲの人の動きしだいなので壁の人は事前打ち合わせ等してなければ決めれないです。


駄図失礼しました!
何が言いたいかと言うとパターンAでやってる人多いけどパターンBを意識してやるのも結構良いよ!って話でして、円形マップは狭いマップが多く直線が短いのでマップを広く使えるBパターンが結構いいと思います逆に強ラズバーンのような縦長のマップはAパターンで更新無しで逃げ切り狙うのも良いかもしれないですね。
使い分けてみると世界が広がるかもしれませんよ!


おわり

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナカム

Author:ナカム
ドラクエ10をほぼ毎日楽しくプレイしています
このゲームの戦闘システムが大好きで強ボスやコインボス等を楽しく満喫中ー 
※中身は野郎です
ナカム AC062-789
雪原地区10630丁目 3番地



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。